性感染症内科クリニック プライベートケアクリニック東京

検査
結果
アクセス 診察
時間
新宿院|新宿駅近く 03-5337-6611
東京院|東京駅近く 03-5255-6611
性感染症内科

飲むHIV予防、始めませんか(PrEP:プレップ)事前にHIV薬を服用して感染を予防する方法です

PrEP(プレップ)とは

HIV感染を予防する方法の一つです。
HIV治療薬を服用します。

治療薬を服用します

※PrEP(Pre-exposure prophylaxis:プレップ)は、曝露前予防内服といって、事前に薬を服用してHIV感染を予防する方法です。

※感染の機会の後、72時間以内に服用を開始する「PEP(ペップ)」については、こちらをご覧ください。
HIVに感染したかも…とご心配の方へ(PEP)

このような人に勧められています

薬の飲み方は2通りあります

1)デイリー PrEP

毎日継続して服用する方法です。
1日1回1錠、同じ時間に服用します。

1日1回1錠

2)オンデマンド PrEP

性行為の前後に服用する方法です。
性行為の24時間前(遅くとも2時間前まで)に、2錠服用します。
その後、24時間ごとに1錠ずつ服用します。

オンデマンドPrEPの服用方法

性行為が数日続く場合は、その間も24時間ごとの服用を続け、最後の性行為のあと2回服用します。

オンデマンドPrEPの服用方法(性行為が数日続く場合)

※ゲイ・バイセクシャルの男性に限ります。

PrEPの効果は世界的に認められています

スケジュール通りに服用すれば、性行為でのHIV感染リスクを99%下げる ことがわかっています。
PrEPは、日本ではまだメジャーではありませんが、世界的にはHIV予防法の一つとして重視されており、 WHO(世界保健機関)では、「すべてのHIV感染ハイリスク群にPrEPの選択肢が提供されるべき」とし、ガイドライン も出されています。

副作用について気になる方へ

PrEP薬の身体への影響は?

PrEPは、お薬を飲み続ける方法なので、健康への影響が気になると思います。
PrEPの安全性は世界的にも認められ、実際ほとんどの方は副作用を感じず「飲んでいることを忘れるくらい」だと言います。
ただ、個人差があり、短期的には吐き気、腹痛、下痢、頭痛、皮疹などが出ることもあります。これらの症状は軽く、数週間でおさまります。

長期的には、腎機能に影響がでることがあります。
そのため、PrEPを始める前に腎機能を調べることが、各国のガイドラインで示されています。問題がなければ安全にPrEPを利用できます。
また、PrEPを始めてからも、定期的に検査を実施していきます。

当クリニックでは
安全にPrEPを利用できるかどうか
検査してから処方します

Sage&Secure プライベートケアクリニック東京

「SAFE & SECURE」は、当院の安全基準です。

処方前に3項目の検査を行い、
PrEPを受けられるかどうか確認します

処方前検査の意味合い

まずは、HIVに感染していないか調べます。

PrEPのお薬は、B型肝炎の治療薬でもあります。
B型肝炎ウイルスに感染していると、服薬の仕方によっては体調が悪化するリスクがあるため、医師の指導のもと慎重に服用する必要があります。

腎機能検査は、PrEPを開始する前の必須の検査です。
PrEPは、腎機能に影響を与える場合があるため、腎機能に問題がある場合は、あなたの健康に配慮し処方を行いません。

なぜ今PrEPなの?

リスクは目に見えない。だから今備える

日本でも実際に、毎日約3人が新たにHIVに感染しています。今まで大丈夫だったから明日も大丈夫、とはいえません。コンドームだけでなく、PrEPも予防の選択肢に加えてみませんか。

新規HIV感染者 3人/1日

すぐ始められる、新しい予防

「HIVを予防する」のはとても大切なこと。とはいえ、どうしてもネガティブなイメージをもってしまうから、なかなか普段から具体的に考えることは少ないかもしれません。

さらに、「飲み方が難しそう…」「まず何をすれば良いのか分からない」など、初めての方にとっては、最初の一歩が踏み出しにくいかもしれません。

でも、PrEPを始めるのは、意外と簡単で、検査で問題がなければ、その日から始められます。
当クリニックでは、初めての方でも安心してすぐに始められるよう、確実に検査を実施し、丁寧にご案内いたします。

オンラインでも対面でも

クリニックなら、受診したその日から始められる

受診したその日に、診察から検査、処方まで完了します。PrEPに関する疑問があれば、受診の際にぜひお気軽にお尋ねください。

オンラインなら簡単。検査も確実に実施

オンライン診療でもPrEPが始められます。オンラインなら、クリニックに出向く必要なく、手軽に始められます。
手軽でも、皆さまの健康のため、検査を確実に実施するのが、他にはない当院の安全基準です。

PrEPの費用

PrEPの受付時間は、午前 11:00~12:30/午後 14:30~19:30です。時間外は受付ができなくなってしまいますので、ご注意ください。
※初診料2,750円(税込)

こちらは、クリニック受診の場合の費用です。オンライン診療の費用についてはこちらをご覧ください。 オンラインPrEP >

※PrEPはHIV感染予防目的のため、すでに感染している人はPrEPを受けられません。

※PrEP薬はB型肝炎の治療薬でもあるため、B型肝炎ウイルスに感染している方はPrEPを受けられません。

※PrEP薬の副作用で、ごく稀に腎機能に問題が生じる場合があるため、腎臓が悪い方はPrEPを受けられません。

※オンデマンドPrEPは、男性同士の性交渉に関してのみ推奨されている服用方法であるため、女性の使用は推奨されていません。

当クリニックの特徴

続けやすい価格

PrEPは有効なHIV予防法です。当クリニックでは、先発品「ツルバダ」「デシコビ」のジェネリック薬を使用し、より多くの方にとって続けやすい価格でご提供しています。
(先発品は、高価(約11万円/月)で続けるのが難しいという問題があります。)

PrEPのお薬には、「ツルバダ」と「デシコビ」の2種類あり、当クリニックではそれぞれのジェネリック薬を処方しています。 性別や性交渉の相手、服用方法などによって、どちらのお薬が適切かが変わってきます。
当クリニックでは、患者さまのご希望をお伺いしながら、ガイドラインに沿って、適切なお薬をご案内します。

確かな品質

個人輸入で海外からジェネリック薬を購入し服用される例もありますが、偽造品を買ってしまうリスクがあります。
当クリニックへの輸入品は、独自で成分分析を行い、主成分が正規品と変わらない(偽薬ではない)ことを確認しています。

成分分析を行っています

当クリニックでは、ツルバダのジェネリック「テンビルEM」とデシコビのジェネリック「タフェロ」を使用しており、両者とも成分分析しています。
上記画像は、テンビルEMの成分分析結果であり、当院からクリアライズ社に依頼したものです。(転載不可)

専門医による診察

国立国際医療研究センターのエイズ治療・研究開発センター(ACC)や感染症内科(DCC)の医師、性感染症の専門医が対応いたします。気になることはお気軽にお尋ねください。

受診したその日に院内処方

クリニックへ直接受診すれば、診察から検査、処方まで、受診したその日に対応可能です。

よくあるご質問

PrEPを始めるために

何歳からでもPrEPはできますか?
成人であることが勧められています。
持病の薬を飲んでいますが、PrEPできますか?
持病があってお薬を服用されている方は、PrEP開始前にお知らせください。PrEPのお薬との相互作用が問題になる薬かどうかを確認します。
HBVワクチンを接種していても大丈夫ですか
問題ありません。HBVワクチンを接種して抗体がある人も、HBV感染して治って抗体がある人もPrEPを始めることは可能です。

お薬の飲み方について

デイリーPrEPでは、薬はどのように飲めばいいですか?
毎日決めた時間に1回飲みます。食事などの影響も受けないので自分に合った時間を決めてください。ただし、決めた時間から前後1時間以上ずれないように飲みましょう。
例えば、21:00に飲むと決めた場合は、20:00~22:00の間に服用してください。
PrEP中に、お酒を飲んでもいいですか?
PrEP中に飲酒しても、問題ありません。
PrEPを飲み忘れました。どうすればいいですか?
飲み忘れたことに気づいたらすぐに飲んでください。翌日からはいつもどおりの時間に飲んでください。
デイリーPrEPをやめるときの方法を教えてください。
PrEPをやめるときは事前にご相談ください。

PrEPの効果と副作用

予防できる確率はどれくらいですか、飲み始めてから感染することがありますか?(デイリーPrEP)
デイリーPrEPは、正しく服用すれば、99%HIV感染を予防すると言われています。
ただし、PrEP開始前にHIV感染していたが、ウィンドウピリオドに満たなかったためにPrEP開始時の検査で感染がわからなかった場合や、PrEP薬を正しく服用できなかった場合は、PrEP開始後にHIV陽性となる場合もあります。
薬を飲み始めてからどれくらいで効果がでますか?(デイリーPrEP)
PrEP薬は腸管で吸収され血液を介して全身へ運ばれます。予防効果が最大に達するまでに、肛門性交(受入側)については7日程度、腟性交(受入側)では20日程度かかるとされています。
薬の副作用はありますか
短期的には、吐き気、腹痛、下痢、頭痛、皮疹などの症状が出ることがありますが、症状は軽く数週間でおさまります。
長期的には腎機能の低下や骨密度の減少などが考えられますが、定期的に腎機能の検査を行います。骨密度は低下することがあってもPrEPを中止することで回復します。

PrEP中の疑問

コンドームは必要でしょうか。
PrEPは、HIV感染を防ぐことはできますが、他の性感染症は防げません。クラミジアや淋菌、梅毒などの予防のために、コンドームが必要です。
薬の保管方法は
薬は室温で保管し、高温多湿は避けてください。長期間ボトルから出してピルケースに入れて持ち出す場合は乾燥剤などを利用してください。

受診について

当クリニックの診療時間、アクセスについてご紹介します。

PrEPの受付時間は、午前 11:00~12:30/午後 14:30~19:30です。時間外は受付ができなくなってしまいますので、ご注意ください。